読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽ジョグ

 

のんびりと過ごすことに段々と罪悪感が薄れていき、社会と切り離された生活を自分の中で”スローライフや!!”って位置付けてしまっている今日この頃。

犬に吠えられようが猫におしっこかけられようが私はスローライフを満喫している。

 

といのもちょっと前まで入院しており社会復帰はまだだたとありがたい神のお告げをいただき、「え〜でも〜」なんて言いながら内心は休みの三文字がウィウィウィウィウィパーリーピーポーみたいにはしゃぐからしょうがなく休んでいる。

 

休みすぎて体が鈍らないようジムにでも行こうかと計画しているが頭にいるパリピが

「ちょっと待てちょっと待てお兄さん!!!筋トレするってなんですの??」なんて言うからあくまで計画段階に止めておいている。

 

だがしかしだ、病院で規則正しい囚人のような生活をしていたためしっかりお腹に肉は付き体重もしっかり増加しシャバに出てきてしまった。これからも待ち受ける規則正しい生活によってまたしっかり肉付きが良くなってしまうことを恐れているのだ。

 

他に方法がないかと考え軽いジョギングをすることにした。軽ジョグだ。36番とプリントされた良く分からんサッカーのユニホームを着て軽くジョグ。ジョグ途中でワンツーなんか入れたりしてちょっと密着取材受けている風な感じにして挙げ句の果てには聞きもしないロッキー聞いたりしてそこの36番意味不明。

 

そんな時だ。奥田民生のイージューライダーが耳に飛び込んできたその瞬間、今まで鎖で縛られ身動き取れなかった「歌う。叫ぶ。踊る」の長男、次男、三男がフルちんのまま飛び出してきた。私は軽ジョグ中に歌い、叫び、踊った。犬に吠えられた。気づかなかった。犬がいること、人がいること。

 

そんなこんなで私は愉快な生活を送っている。朝食のデザートが俺の分だけなくても文句言わない。ダイエットだってする。女も抱く。屁もするしウンコもする。

 

仕事だけまだしないのは