読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メッセージ

 

何百年前の歴史の書物を現代の知識人達が解読にヤッケになっていることがメモを残す行為そのものが何らかのメッセージを含み脚色された物に変わり現代人にとってある種のミステリーとなっているように思う。

 

数年前の巻物に書かれた物に歴史を覆す衝撃があるかもしれないが私の予想では大抵、

「あそこにある刀裏にしまっといてや〜」とか「なんか知らんけど豊臣のおっさんが呼んでるで〜」くらいのことしか書いてないんじゃないかな。と思う。

 

しかしだ、久しぶりに家に帰り机の上に「くびはねおき」と書かれた謎のメモがあったとしたら話は別だ。ほんまもんのミステリーや。

 

まず誰が書いたか、筆跡からして奴だがそもそも「くびはねおき」と言うのは何のことか検討もつかない。

 

首からはねるように起きる睡眠法か。いや斬新すぎる。そんなことが女性にデキるわけがない。出来たら今からでも首の強さが勝負を分けるスポーツやらせる。

 

首は寝起きか。これならしっくりくる。寝起きで首をやったんだろう。いや、待て待て

寝起きで首をやる状況などあるのか。高さ10㎝の部屋で寝ているわけでもあるまい。

寝起きでマキシマムザホルモンに導かれ首を振り続けたわけでもあるまい。これも違うだろう。

 

 

もしかしたら逆から読むのか「きおねはびく」いや意味わからん。

 

コナン君ならすぐに解決してくれるだろうね。金田一も。右京さんも。ジャックバウワーも。私にはそんな知識もないし経験もない。

もしかしたらこのメッセージは世界を滅ぼす重要なメッセージが隠されているのかもしれない。もしそうならこのメッセージの上に「4秒で合体シリーズ」のDVDを置くことは国の安全を無視した反逆行為に当たるかもしれない。

 

私はすぐビデオをしまった。しまったと言ってもなぜか皿がたくさん詰まったファンタジー溢れる棚にだ。これでしばらくはこのメッセージについて考えなくていいわけだ。

 

翌日、くびはねおきメッセージがなくなっていた。そして合体のDVDが置かれておりまた同じようにメッセージが置かれていた。

「4秒で逃げれると思うなよ」

 

私は一体誰から追われているのだろう。