読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコチン

 

タバコを辞めてから外に出る回数がめっきり減ったように思える。

我が家では室内全面禁煙だったためタバコを吸う時は屋外(敷地内)で吸っていた。

雨の日だろうが横殴りの風で西川貴教みたいになろうが雨にも負けず風にも負けず外でタバコを吸っていた。今思えばそのバイタリティーったら信じられない。前前前世から見つけてくるくらい信じられない。

 

でも雨の日にタバコを吸うのは嫌いじゃなかった。軒下の狭くて暗い空間の中でシュッと一瞬火がつきその瞬間灯る僅かな明かりが心に出来た棘を鎮火させてくれている気がして好きだった。

 

今思えばタバコの煙には気や心のモヤも混じっていた。

フーと口から自分の体の中で好き勝手してきただろうニコチン君が、自分の大義を実行し知らない何処かへ飛び立つ。

 

ニコチン君はボロボロの体を好む。綺麗で洗練された空気は好まない。

真っ黒な肺、真っ黒な肌、結局暗いところを好む。

 

自分と似ているかもしれない。暗く狭い光の当たらないそんな場所で一瞬だけ明かりが灯る瞬間が幻想的で居心地がいい。

唯一違うのは彼らはいつもどこか遠くへ旅に出られることくらいだろう。

 

いつからだろうか。こんな暗く不気味な空間を愛しく思えてきたのは。

はっきりとは覚えていないが気がついたらいつも隅っこにいる少年だった。

隅っこから見る景色は自分が客観的に見えその他大勢が自分の世界と隔離されている

そんな感覚だった。国の王様になったような気分だった。

 

自分は人とは違う。感性も何もかも違う。自分は特別な存在だ。天才なんだと。

隅っこにいる自分はそう思えて仕方なかった。

 

間違っていたとは思わない。けど、もっと明るくて活発で笑顔が素敵な絵に描いたような青年になれるチャンスはあったと思う。

そのチャンスを自らの手で破棄し、誰も望んでいないスペシャルな存在になろうとしたのは紛れもない自分自身なのだ。

 

もう自分を変えるチャンスなど無いような気がする。タバコの煙のように何処か遠くへ今の自分の抜け殻もため息と共に飛んでいけばいい。そんなこと思ってしまう。

 

それでも変わらないといけない。バリケード破って変わらないといけない。

変わることを恐れず、恐れることを恐れず前に進む。

それこそが人類が歩んできた進化そのものであるのではないだろうか。

 

 

 

結局何が言いたかったんだろう。。。。